Consultant of bless.gunma.jp

 ここでは、弊社が提供する「コンテクスト・シンキング」の思考方法を用いたコンサルタントメニューについて紹介します。

【対象者】
 ・経営者、マネージャー、チームリーダーなど、戦略を練る必要がある方。
 ・ボランティア団体職員、中間管理職などの方にもオススメします。

【目的】
 ・リーダーシップの発揮の仕方がわからない。
 ・戦略の描き方がわからない。
 ・計画の作り方がわからない。
 ・何か新しいことにチャレンジしたい。
 ・チーム力を上げたい。
 ・新しい商品を開発したい。
 ・売上を上げたい。
  *お悩みなら、なんでも対応致します。

【参考定価】
  1回あたり 50,000円(交通費、消費税別、最大6時間/日まで)

【実績】(ミラサポでの利用も含む)
 ・新見化学工業株式会社様
 ・佐啓産業株式会社様
 ・朝倉染布株式会社様
 ・その他、工務店、鮮魚店、カフェなど。

【コンサルタント内容】
 ①コンテクスト・リサーチ

  •  最初に「インタビュー」を行います。インタビューのステップはおよそ3〜4時間程度です。ここで行うのは、主に、歴史や経緯を明らかにすることが目的です。それによって、文化を導き出します。文化とはいうなれば「慣習」や「常識」です。これらを突き詰めて行くと、多くの場合、想いとは矛盾した常識に縛られていることに気付きます。
  •  しかし、歴史や経緯を明らかにすることで、現状への不満を客観的に捉えることが出来るようになります。これらを明らかにするプロセスでは、プックアップした事項を、関連付けすることが大切です。

 ②コンテクスト・プランニング

  •  整理してきた内容を元に、アイデアを練りはじめます。アイデアとは、「AとBをつなぐためのもの」です。Aが現状なら、Bは未来、Aがメーカーなら、Bもメーカー、または、技術、または、製品など、なんでもOK。一件繋がらなさそうな事項に隠された繋がりを導き出すことが大切です。
  •  目的と手法が先に決まるので、何をするのかは一番最後。仮に、「何をする」が一番最初に出て来る話しは、後々面倒ことになりかねないのです。

 ③コンテクスト・アクション

  •  計画に基づいて実行するのがこのステップです。ただし、全体のロードマップが描けているので、なぜ計画通りに進んだのか、なぜ計画通りに進まなかったのか、がよくわかります。この分析こそがカギとなります。しっかりデータを蓄積し、さらに、②→③を繰り返すことで、より独創性の高い戦略が描けるようになります。

 ◆コンテクスト・シンキング 詳しくはこちら

Consultant

bind_05.jpg
弊社が提唱する「コンテクスト・プランニング」「コンテクスト・デザイン」の手法を用いたコンサルタントを実施しています。目指すのはコンサルタントの必要がなくなるコンサルタントです。

詳細はこちらLinkIcon

Social Community Brand

名称未設定.png
弊社は、モノづくりを通じて地域コミュニティの構築を目指す“地域コミュニティブランド”「nunotech」を推進しています。nunotechは、桐生地域の繊維産業の活性化を目指しています。

詳細はこちらLinkIcon

Community FM

8037_398762190180159_814894540_n.jpg
2007年7月1日、群馬県桐生市にコミュニティFMが開局しました。弊社は、その立ち上げ当初から運営に参画しています。開局10年に向けて、桐生地域の企業活動をサポートする「ソーシャル・パートナー」を目指しています。

詳細はこちらLinkIcon